ビルベリー サプリメント

MENU

ビルベリーってどんなもの?

ビルベリー 画像ビルベリーとは一体どんなものなのか知っていますか?

 

目に良い果実としてはブルーベリーも有名ですが、
ビルベリーとブルーベリーではなにが違うのでしょうか。

 

ここではビルベリーがどんなものなのか説明します。

 

 

ブルーベリーとビルベリー

ビルベリー 画像

 

実はビルベリーというのはブルーベリーの一種なんです。

 

一般的に食用として出回っているブルーベリーというのは、
品種改良されて栽培されているものです。

 

それに対して、ビルベリーはブルーベリーと違い
森などに自生している野生種になります。

 

ビルベリーはブルーベリーの原種ともいわれています。

 

ビルベリーが自生しているのは主にノルウェーや
フィンランド、スウェーデンなどの北欧の森になります。

 

 

よく、ブルーベリーが目に良いといいますよね?

 

実は臨床試験で用いられているのはブルーベリーでは無く、
ビルベリーなのを知っているでしょうか。

 

これはビルベリーの方がアントシアニンが多いことに関係します。

 

 

ブルーベリーよりアントシアニンが多いのはなぜ?

ビルベリー 画像

 

一般的に、栽培種のブルーベリーとビルベリーを比較すると
含まれているアントシアニンの量に違いがあります。

 

ビルベリーの方が2〜3倍も多く含まれています。

 

 

アントシアニンというのは青紫色の天然色素で、
その為、ビルベリーとブルーベリーの断面を見ると
その違いは明らかです。

 

ブルーベリーは内側が白っぽいのに対して、
ビルベリーは中まで濃い青紫色をしています。

 

 

北欧が育てるビルベリー

 

では、この違いはどうして生まれるのでしょうか?

 

それはビルベリーが北欧で育つことに関係しています。

 

 

北欧には太陽が夜になっても沈まない白夜があります。
ビルベリーが実を付ける時期は、この頃になります。

 

そうすると夜になっても太陽の光を浴びることになるので、
紫外線から自分自身を守ろうと抗酸化力の強い
アントシアニンをたくさん蓄えるんです。

 

これが、ビルベリーとブルーベリーの違いです。

 

 

ビルベリーを摂る為には?

ビルベリー 画像

 

ビルベリーは生の実をそのまま食べることも出来ますが、
実が柔らかく潰れやすいので市場に殆ど出回りません。

 

味の方も生で食べるには酸味が強いので、
ジュースやジャムなどに加工して出回ることが多くなっています。

 

実際、スーパーなどで生のビルベリーは見かけませんよね。

 

そんなビルベリーなので、効率良く摂り入れるのなら
手軽なサプリメントをお勧めします。

 

 

ビルベリーが注目されたきっかけ

 

ここでビルベリーが目に良いと注目される
きっかけになったという有名なエピソードを紹介します。

 

第二次世界大戦中まで話は遡ります。

 

当時、イギリスにビルベリーのジャムが好物で
毎日食べているという空軍のパイロットがいたそうです。

 

彼が夜間や明け方の飛行の時に「薄明かりの中でも
ものがはっきりと見える」と話したそうです。

 

これをきっかけにイタリアやフランスの研究機関が
ビルベリーに秘密があるのではと研究を始めたんです。

 

そしてその結果、ビルベリーに含まれるアントシアニンに
目の働きを良くする効果があるということが分かったそうです。